Kingfishers

車・釣りなどなど・・・

デリカD:5 1年点検

先日、デリカの1年点検を受けてきました。

先日と言っても、既に11月なので先月のことになります。

 

走行距離 10980km

 

ディーラーのメンテナンスパックに入っているので、料金は無料。 内容は、法定12ヶ月点検

の他に、

•エンジンオイル交換

•各種液類補充

•ワイパーゴム交換

などです。

エンジンオイルは勿論ですが、ワイパーゴムまで交換して貰えるのは有難いです。

自分でやると、どうしても優先度低くなりますしね。

交換しないと、雨の日に拭き残しのスジが気になりますが、雨が上がると忘れちゃって、結局交換しないんですよね。

代金は、車購入時に一緒に払ってしまっているので、後からお金が掛からないのも良いところです。

ただし、前回燃料再学習して貰って大分良くなったフィーリングですが、今回またいじられたようで、また元に戻りかけてしまったような。

これはまた、再調整してもらわないといけないかもですね。

 

 

8月の釣行

8月30日

およそ1月半ぶりの釣行は、8月最初で最後の釣行になりました。

いつもの川に着いてみれば、一月前よりも草の背丈は伸び、ここ最近の増水により、前回7月に調子の良かった場所には、残念ながら入れず。

そのやりたかった場所の上下を流すことにするが、どうも魚の気配が希薄に感じる。

川の流れも早く、ベイトが留まっていられるような雰囲気では無さそうなのもその理由?

さらには、水面が静かでトップという雰囲気でも無さそう。

ラージなら増水して岸際に冠水ブッシュなどが出来ると、絶好のポイントになるが、果たしてスモールはどうか?

しかも、この増水もしばらく続いてるようだが…

 

と言うわけで、増水により若干川幅の広がったポイントを表層系、中層系と分けて黙々と打って行くがバイトは全く無し。

やはり、ここのところの天候による水量の増加と、それに伴う水流の強さにより、

この辺りにはベイト、バス共に着くものはないか。

そんなことを考えながら、一月半ぶりの釣行を楽しんで、約4時間程で帰りの時間となってしまいました。

 

残念ながら、8月の釣行はこの日が最後。

ノーフィッシュとなってしまいました。

これから9月に入り、少し水温も下がり、秋の良いシーズンになっていくことを期待しています☺️

ただし、秋は同時に台風💨の季節でもあるんですガー😅

 

 

www.kingfishers.me

 

 

3度目は・・・

7月21日 土曜日

先週の連日50UPに続いて、今週もまた50UPを・・・・

と狙ったわけではないのですが、気を良くしての釣行なのは確か😝

 

この日は先週より風が弱く、また、先週2日目に良くなかった南西からの風。

 

案の定、まったくアタリのないまま、3時間経過。

ミノーを押さえ込む様なアタリのあと、かなりの引き。

BantamMGLのドラグが気落ち良く引き出され、途中の切り返しも小気味好く、

これは・・・・と思いましたが、上がってきたのは60UPのニゴイ。

リアフック一本でのフッキングでしたが、しっかりと掛かっていて、寄ってきてからは余裕を持ってランディング。

ニゴイといえど、このサイズは、かなりのファイター。

残念ながらバスは釣れませんでしたが、ニゴイにしっかりと楽しませてもらい、本日の締めくくりとしました。 

 

www.kingfishers.me

 

7月連日釣行

7月の14-16日までの3連休、2日間釣りをする事が出来ました。

連日の猛暑による注意報が出ているため、夕刻からの釣行としました。

 

7月14日 1日目

到着後、1投目は早速のバックラッシュ。

前日にラインを巻き替えたのを忘れてました😅

巻き替え直後は特に気を付けないと、バックラッシュしますね。

そして2投目に、早くもバイト。

かなり浅い場所でのバイトだったので、ナマズかなと少々強引に巻いたら、寄せてくる途中でバレてしまいました。

その後、しばらくはアタリか途絶え、久しぶりのバイトは、48㎝の体高のあるスモール。

続いて15分後にも、今度は55㎝のスモール‼️。

約1年ほど前に54㎝のスモールを釣りましたが、55㎝はラージも含めて自己記録です!

この日は他にもナマズなども調子が良く、4時間で合計7匹の魚に触れることが出来ました。

なんだか先日までのノーバイト、ノーフィッシュがウソのようです。

この日のバスは、掛かったら必ずしも跳ねるわけでもなく、小気味の良い引きは相変わらずですが、跳ねさせる事なく、手元まで寄せて来る事が出来ました。

これもロードランナーHB760Lのパワーカーブの特性で、無理なく魚に追随して寄せて来れるお陰なんだろうと思います。 また、大きなバスほど跳ねないので、そのせいもあるかも知れませんが。

今まで何度かバラしもありましたが、跳ね無かったからバスじゃないな、などと思っていました。

ですが、今回のようなケースを経験すると、これはどんなケースでも慎重にやり取りしないと…と改めて感じました。

まぁ、暑過ぎて弱ってるのかも知れませんが。

 

f:id:monogasuki:20180719232742p:plain

 

7月15日 2日目

連日の暑さで、日中は動く気がせず。 熱中症になりかねないので、少しでも気温の下がる夕刻からのスタート。

この日も、早速2投目にバイト。 そして、この日も寄せてくる途中でフッと抜ける…

なんか、昨日の反省が活かされてない😭

しかし、ここは昨日と同じパターンで今日も好調なのでは〜⁉️ と、良い方に考えて釣り再開。

昨日の事が自信になっていて、今日は集中力が途切れる事なく、いつ来てもおかしくない、と黙々とキャストを続ける事が出来る。

が、どうも昨日と違うという事に気付いた。

バイトが先ほどの一回だけだし、風の向きがちょっと違う。また、若干だが増水した模様。

だが、まだまだ集中力は続く。

やはり釣り人の集中力を保つには、釣果の右に出るものはありませんね。

そんなこんなで、キャストを続けていると来ました‼️

元気に2回ほどジャンプし、寄って来たのは53㎝のスモール。

今日はなんか違うなーと思った矢先の1匹は、とても嬉しい1匹になりました。

これで昨日に続いて新リール、バンタムでの50アップ2本目です。

PGのおかげもあって、50UPでもなんの不安もなくグリグリいけちゃいます。

購入後約2ヶ月経過し、ようやくその真価を発揮出来る魚を掛けることが出来ました。

久しぶりの右巻きも全く違和感ありません。

新リール導入から、1匹までが長かったです。

ですが、そんなことを忘れられそうな2日間になりました。

また、週明けから仕事頑張れそうです😁

 

 

www.kingfishers.me

 

久しぶりの釣行

最近、色々な面で忙しく、釣りに行けない日々が続いていましたが、気分転換も兼ねて久しぶりの釣行となりました。

 

この日も結局、夜になって思いついたかのように釣行。

久しぶりに見るホームは、草はかなり伸びていましたが、

予想していたような浦島さん状態にはならず、ホッとしました。

始めてすぐに、足元での派手なバイト、そして次はしっかりフッキングするものの、ファイト中に途中で抜ける。

いずれも正体は分からずも、一発目のミスバイトはおそらくナマズ。二発目は、分からず。

これは、今日はいけるかも…と思うもその後、バイトは遠のき、撤収となりました。

 

あー、それにしても本命の一匹が遠い…😭

 

と言うわけで、本日も写真無しです😅

 

バンタム MGL 夢屋シャロースプール

先日、BantamMGLを購入したお話をしましたが、本日、シャロースプールも購入しましたので、そのご紹介をします。

 

BantamMGL用のシャロースプールは、夢屋からのオプション部品として発売されました。

f:id:monogasuki:20180519165810p:plain

Bantam MGL標準の糸巻き量が、16lbラインで100m、12lbラインで140mなのに対し、シャロースプールの方は12lbラインで100m、16lbラインで80mのキャパシティーとなっています。

私がメインで使うラインは12lbなので、シャロースプールの方がピッタリ、さらには軽い分、飛距離も伸びるかも…と購入しました。

 

f:id:monogasuki:20180519170129p:plain

このように並べて見ると、浅溝になっているのがよく分かります。

そしてよく見ると、スプールの横には、Produced by YUMEYA の文字が入っていて、所有欲をそそります。

f:id:monogasuki:20180519170753p:plain

 

さらにはよくよく見ると、ブレーキブロックも肉抜きされていて、たぶん軽量になっています。

こちら⬇︎は、元々ついていた深溝スプール。 写真一番上のブレーキブロックがわかりやすいかと…

f:id:monogasuki:20180519171133p:plain

 

これはスプールが軽くなった分、ブレーキも軽くて済む、ということなのでしょうか。

このスプールに、12lbラインを100m巻いたのが下の写真。 メーカー発表の額面通りといったところでしょうか。

f:id:monogasuki:20180519171356p:plain

 

そして、いきなり、いざキャスト😅

内部ブレーキは2つオンの状態。

外部ブレーキは、前回の反省から私の予想より2段階強めの状態からスタート。

 投げた印象は、14g程度の重心移動の入ったルアーですと、標準のスプールとほとんど変わりません。 が、もう少し軽め8~10g程度の重心移動が入っていないようなルアーですと、思ったより飛距離が出ます。

その場で両者を比較したわけではないので、感覚的になりますが・・・ 

 消費するラインも少なくて済むし、これは非常に嬉しいアイテムです。

f:id:monogasuki:20180519172238p:plain

 

この、バンタムMGL+シャロースプール

とても気に入りました✌️

毎回キャストするのが楽しくて、大げさに言えば、初めてロッドにリールを付けて投げた時のようなワクワク感があり、ついつい早く巻いて次のキャストをしたい・・・ そして、巻いてる時もふと気がつけば、そのスムーズな巻き心地にニヤニヤ・・・

そんなことだから、このリールでの初バスゲットがゲット出来ないのかもしれません😅

イヤイヤ・・・ 腕のせいです😣

 

そんなわけで、今回も魚の無い写真で締めくくります😅

f:id:monogasuki:20180603153611p:plain

次回こそは、バンタムMGLでの初バスゲットを報告出来たらいいなぁ・・・・

 

 

www.kingfishers.me

 

バンタム Bantam MGL PG

f:id:monogasuki:20180531233631p:plain

本日は、この写真からスタートします。

写真の通り、Bantam MGL PGを購入しました😙

簡単にこの機種に至った経緯と、私なりのインプレなどを書いてみたいと思います。

 

まず、購入にあたって、比較の対象としてあげたのが、メタニウムDC。 

利点は、気を使わずにしっかりと飛距離も出る点。 私のメインに使用するルアーウェイトにも合っています。

逆にデメリットは、飛距離を出そうとすると、人の介入の余地が少ない点。

ナイロンラインを使う方は、内部のモードはナイロン固定でいくと思います。その上で、外部ダイヤルでの調整になりますが、Autoではブレーキが効き過ぎるので、通常は2、条件の良い時で1で投げます。(いずれも私のメインに使用するルアーの場合です)

この状態で、今まで使用していた初代アンタレスといろいろなルアーを投げて比較してみました。(アンタレスのブレーキ設定は、グレーを1個ON、状況によりクリアを1個追加、キャスコンは向い風の時のみ若干締めますが、基本はユルユルといった設定です)

結果、メタニウムDCのほうが、ほとんどのルアーで飛距離が出ています。と言ってもそれ程大きな差ではなく、同等〜最大でも5m程度の差でしょうか。それでも安定して何度でも同じ位の飛距離が出せるのはさすがにDCの威力ですね。

アンタレスの方は、投げミスするとバックラッシュします。

逆に唯一、初代アンタレスがハッキリと差を見せつけたのが1/2ozと5/8ozのシンペン。

こちらは10m程の差が出ました。

ただし、これは私のメイン使用ルアーの中でも上限で、ロッドの適正ウェイトも越えています。

という事で私の中で、メタニウムDCは、気を使う事無く、しっかりと飛距離が出るリールだと言う評価になりました。

 

バンタムMGL

そして、バンタム MGLです。

まず最初に、このサイズで、この重量感。握った時のずっしり感。スペック云々では無く、握った時のスッと手に馴染む感じ。素晴らしいです。ちなみに私は手は大きい方ではありません。

また、初めて開封してハンドルを回した瞬間の感覚。 スルスルでは無く、ねっとり、ネッチョリ、と言う表現でしょうか。人によっては、ネボネバ…なのかも知れない。

これには感動しました。 実際にルアーを投げて巻いてもそのしっとり感は損なわれること無く、PGとも相まって非常にスムーズです。 カルカッタがシルキーと表現されるのと同等だと思います。 この点は、選択時に全く意識していなかった為、予想外の驚きと嬉しさでした。

キャスト 

まず、SVSインフィニティの内部ブレーキは4コマありますが、出荷状態では4つともオンの状態です。

それに加えて外部から6目盛分、無段階で調整可能です。

この内部ブレーキを4つともオンにした状態で、あとはルアーに合わせて外部ブレーキで調整するようにすれば、ほとんどのルアーは外部ブレーキだけで対応可能とのこと。

それでは、まずその内部ブレーキ4の状態から恐る恐るキャスト開始。 新しいリールの最初のキャストはいつも緊張します。

で、いきなりのバックラッシュ😅

やはり恐る恐るは、ダメ🙅‍なようです。

取り敢えず、キャスコンガタガタだったのを気持ち締め、と言ってもまだまだゆるゆるですが、再チャレンジ。

今度は、いい感じに飛んで行きました。

まぁ、飛距離はそこそこ。次にその状態でしっかり振ってみます。

飛距離は若干伸びますが、やはりブレーキ強すぎの感が… 。

そこで、慣れるに従って外部ブレーキを徐々に弱めていって、最後はminまで来てしまいました。

当然飛距離は伸びていきますが、SVS特有の後半の伸びが感じられない気が…

やはり、ブレーキブロック4個は伸びという点では厳しいのか…

次に内部ブレーキ2個オンの状態で試す。

当然外部ブレーキは若干多目から。

1投目、まずまず。

さらに外部を緩めていくと、キャスト後半スルスルと待望の感覚が…

遠心ブレーキは、やはりこうでないと…

やはりSVS機にして良かったと思えた瞬間でした。

無理せずブレーキを使う 

さて、このバンタムMGLを半日ほど使ってわかったブレーキ設定についてですが、

内部ブレーキ4つともオンにして外部ダイヤルでの調整は、オールマイティで煩わしさが無く、非常に便利です。ルアーの重量、形状に合わせて外部ダイヤルを調整すれば、ほぼバックラッシュはしません。

ただ、ルアーによっては、ちょっとブレーキ効きすぎかなと思う場面も。

次に内部ブレーキ2つオンの状態では、SVS機らしいキャスト後半の伸びを体感出来ます。

ただし、外部ダイヤルはそれなりに調整しないとバックラッシュ、そこまでいかなくてもスプール回転中に糸が膨らんで来ます。

そのような場合、今まで使っていた初代アンタレスやカルカッタなどでは、サイドカバーを開けてのブレーキ調整が面倒なので、サミングで調整しながら投げていましたが、

このバンタムMGLの場合、外部ダイヤルで簡単に、かつ微調整が可能なので、それで調整したほうが良いです。

無理して自分の親指に神経を尖らせてサミングしながら投げるより、最初は外部ダイヤルをちょっとだけ強めにして、徐々に緩めていくようにしたほうが、結果的に飛距離も伸びるし、気持ちよく投げられる事がわかりました。

外部ブレーキも無段階なので、ほんの気持ち程度…といったことが容易に出来ます。

メタニウムDCほどの安定感はありませんが、人の感覚に訴える何かがある。 

それが、このリールを今回選んだ理由です。 Bantam MGL 。非常に気に入りました。

 

実は、この記事はバンタムMGLで一匹釣ってからアップしようと思って温めていたのですが、今月の釣行回数か少ないこともあって(と言うより、下手なせいで)なかなか釣れないので、本日、5月の最終日にアップする事にしました😅

 

 

www.kingfishers.me